bts・vの95graduationって何?クオズの卒業ソングについて!

皆さんは「95graduation」というBTSの曲を聴いたことはありますか?

この曲は、Vとジミンの同級生コンビ「クオズ」によるユニット曲です。

VとジミンはBTSのメンバーとして活動しながら、僅かな時間ではありますが高校にも通っていました。

そんな高校時代を振り返り、友達に向けたメッセージとしてこの曲を歌っています。

BTSファンの間でも「感動する卒業ソング」として有名なんですよ。

今回はVとジミンのコンビ・クオズと2人のユニット曲・95graduationについてまとめてみました。

 

95graduationとは?

(画像元:YouTube

「95graduation」はVとジミンが2人で歌った曲のタイトルです。

歌詞には2人が高校の友達に向けて、伝えたいメッセージが綴られています。

思わずジーンとしてしまう歌詞に、聞いたファン達も非常に感動しました。

 

仕事のため卒業式に出席できなかったクオズの卒業ソング

BTSとしての仕事が忙しくてほとんど高校には通えなかったクオズの2人。

卒業式の日も仕事の都合で欠席せざるをえませんでした。

学校の友達に直接会って話ができなかった為、2人は友達に向けた感謝の気持ちとしてこの歌を歌ったんです。

この歌を聞いたクオズの友達は感動したことでしょう。

 

95graduationはジミンとVの2人でカバーも!

実はこの曲、歌詞やメッセージはVとジミンが書いていますが、原曲がちゃんとあります。

つまりアレンジ曲なんです。

原曲は「Old School Love」という曲で、アメリカ出身のラッパー「Lupe Fiasco(ルーペ・フィアスコ)」が歌っています。

 

クオズ(95’s)って何?

(画像元:トレタメ

BTSについて調べていると「クオズ」という単語をよく目にします。

これはVとジミンのコンビ名です。

2人が1995年生まれの同級生というところが由来となっています。

韓国語では9を「구(ク)」、5を「오(オ)」と読み、数字の後ろに英語で複数を意味する「s」を付けて「95’s」となります。

つまり「クオズ」とは韓国語で「95年生まれの人達」という意味です。

 

1995年生まれのVとジミン。マンダコズと呼ばれる事も

Vとジミンは共に1995年生まれの同い年です。

同級生同士気が合う様で、グループ内でも一緒になってふざけ合う姿が見られます。

また、2人の出身が慶尚道地方ということで地元の方言が出てしまうことから、「만다꼬’s(マンダコズ)」と呼ぶファンもいます。

 

生まれ年以外にも慶尚道、韓国芸術高校出身などの共通点

生まれ年以外にも2人には他にも共通点がいくつかあります。

まずは前述した通り、出身地方が一緒ということです。

BTSのメンバーは様々な地方から集まっていますが、同郷なのはVとジミンだけです。

また、BTSのメンバーとなったことで、2人は共にソウル市内にある韓国芸術高校に転校します。

何かと共通点が多いことで一緒にいる時間が増え、意気投合した為、お互いに特別な友達と感じている様です。

 

2人のエピソードについて

メンバーとしてだけではなく、学校の同級生として一緒に過ごす時間が長かったVとジミン。

BTSの旅番組「BON VOYAGE」のハワイ編では、Vとジミンがお互いについて語るシーンがあります。

そこで2人はお互いを「かけがえない大切な友達」と語っています。

仲の良いエピソードばかりではなく、些細なことで喧嘩に発展したこともありました。

メンバー全員でダンスの練習中、マネージャーが持ってきた餃子を今食べるか練習後に食べるかで口論になったんです。

傍から見れば微笑ましい口論ですが、どちらも引っ込みが利かなくなり、なんと2日間も喧嘩したまま過ごしてしまいました。

この事件は「餃子事件」と呼ばれ、BTSファンならば誰でも知っている有名なエピソードです。

 

95graduationの詳細

(画像元:YouTube

「95graduation」は2014年に公開されたVとジミンの2人による楽曲です。

完全オリジナルの曲ではなく、原曲を基に歌詞を付けられたアレンジ曲となっています。

原曲はアメリカ出身のラッパー・Lupe Fiascoの「Old School Love」です。

楽曲が配信されると、曲を聞いた多くのファンから「感動した」とコメントが寄せられました。

 

音源・MV

音源は「sound cloud(サウンドクラウド)」という音楽ファイル共有サービスにあります。

sound cloudにはBTSのアルバム未収録の楽曲が他にもたくさん聴けます。

公式でのMVはないみたいですが、ファンの人達が様々なMVを制作してYouTubeにアップしている様です。

どれも無料で楽しむことができるので、是非視聴してみてください。

 

歌詞・和訳

卒業ソングということで、学校での思い出を語る様な歌詞が非常に多いです。

友達のことや当時の気持ちをありのままに表現した歌詞には胸を打たれます。

デビューしたことで学校にほとんど通えず、卒業式も欠席となってしまったVとジミン。

それでも短い学校生活の中で友達と過ごした日々は2人の大切な思い出となっているのでしょう。

歌詞の中に「시간이 가도 영원히 기억해 철없던 그 때 너와 나」という部分があります。

これを和訳すると「時が過ぎても永遠に忘れない たわいもなかったあの時の君と僕」です。

限られた時間の中で、2人が楽しい学生時代を過ごしたことがよく分かります。

 

アルバムには収録されている?

BTSは多くの楽曲を発表していますが、その中にはCDに収録されていない曲もたくさんあります。

95graduationもその内の1曲です。

残念ながら今までにCDに収録されたことはなく、ネットでの配信のみとなっています。

心にグッとくる素敵な曲なので、是非アルバムに収録してほしいと思っていますが実現は難しそうです。

クオズは他にも「Friends」というユニット曲も歌っています。

これはジミンが作詞に携わったVとジミンの友情ソングです。

Friendsは2020年に発売したBTSのアルバム『MAP OF THE SOUL:7』に収録されています。

 

まとめ

いかがでしたか?

クオズが歌う95graduationは卒業ソングとして、とても胸を打たれる歌であることが判りました。

BTSとして活動しながら高校に通うのはとても大変なことだと思います。

その中でも時間がある時は学校に行って友達と楽しい時間を過ごしていたVとジミン。

2人とも卒業式に出られなかったことで、友達に別れの挨拶ができなかったことを悔しく思ってこの歌を発表しました。

友達想いで優しいVとジミンの性格が、よく表れているとても素敵な曲なんです。

クオズはユニット曲やエピソードに感動できるものが多いので、応援しているファンも大勢います。

私もそんなクオズを、これからもどんどん応援していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。