趣味がなくなるのは何故?大学生や高校生で起きる趣味がなくなる理由

高校や大学に進学して、気づいたら趣味がなくなっていた、

そんな経験はないでしょうか?

進学前は熱心に趣味に打ち込んでいたのに

いろいろな理由から趣味を楽しめなくなったり

趣味をなくす人もいます。

今回は、趣味がなくなるのは何故?大学生や高校生で起きる趣味がなくなる理由のご紹介です。

趣味がなくなってしまった理由も分析もしていきますので、

ぜひご覧ください。

趣味がなくなったと感じる出来事

どんな瞬間に、自分の趣味がなくなったと感じるのでしょうか?

人それぞれ気づくタイミングは違うとは思いますが、

これから挙げる出来事に、自分と似たような心境やシチュエーションもあると思います。

 

趣味が楽しめなくなった、やる気がなくなった

高校や大学に進学して、新しい環境に身を置くと、

環境の変化に応じて自分自身も変化していきます。

昔は楽しめた趣味も、今では少し幼稚に感じてしまったり、

趣味に対しての関心や熱意も変わってしまい、

やる気がわかなくなることもあります。

自分の成長に合わせて興味・関心も変化していくので

それに伴い趣味が楽しめなくなることもあります。

趣味に接する機会がなくなった

例えば、以前は同じ趣味をもつ友人がまわりにいたけど

進学とともに離れてしまい、趣味の話をしたり

一緒に趣味に打ち込んだり、新しい情報を手に入れたりすることが

日常的にできず、趣味に接する機会が少なくなり、

徐々に趣味から離れてしまう場合もあります。

共通の趣味をもつ友人がまわりにいなくなると

自然と趣味と触れ合う機会が減ってきます。

輝いている周りと比べて空虚感を抱いた

進学をし、新生活を始めると新たな友人との出会いや

交流の機会も増えてきます。

新しく知り合った人が、自分の趣味を楽しんでいたり

趣味の分野で活躍している姿を見ていると

とても輝いてみえることがあります。

そうすると、特に趣味のない自分に対して

虚無感を抱いてしまうことがあります。

周りは趣味を楽しみながら充実した学生生活を送っているのに

自分は誇れる趣味がないと気づくことがあります。

趣味がなくなったわけではない!背景にある本当の理由

本当に自分は進学を機に、趣味をなくしてしまったのでしょうか?

趣味はなくなったわけではなく、趣味の時間を確保できなかったり

さまざまな要因や背景が考えられます。

 

仕事や家事で忙しく時間が取れない

新生活が始まると、バイトを始めたり、

一人暮らしを始めたりする場合もあります。

今までは学校が終わればすべて自分の好きなことに

時間を費やせましたが、今はしないといけないことがたくさん!

趣味に取り組むための時間が確保できない場合もあります。

進学前とは違う生活スタイルで、身体も疲れてしまい

家に帰ればすぐに寝てしまっている…なんてこともあります。

他のことで強いストレスを抱えている

まだ慣れない学校生活や友人関係など、

趣味とは別のことで強いストレスを抱えており

趣味を楽しむ心の余裕がない人もいます。

強いストレスを感じると、やる気がわかなかったり

集中力がなくなったりと、人それぞれ様々な変化が出てきます。

今までは夢中で取り組んでいた趣味も

なんとなくやる気が起こらず、いろいろなことを考えて

自由な時間もボーっと過ごしているほうが楽という人もいます。

経済的に余裕がない

進学をして、経済的に余裕がなくなり

趣味をなくす人もいます。

趣味のジャンルにもよりますが、趣味に取り組もうと思うと、

道具や交通費などの経費がかかります。

今は趣味にお金を使うのではなく、

学費や今後のさらなる進学のことを考えると、

今は趣味にお金を使うことを我慢しようと思う人もいます。

睡眠がとれていないなど生活習慣が乱れている

新しい環境では、勉強も今まで以上しないといけなかったり、

通学にとても時間がかかり、睡眠時間を削らないといけない人もいます。

睡眠時間が十分にとれておらず、それにともない

生活習慣も不規則になってしまい、

日々の生活をいかに立て直すか、という課題を抱える人も。

そんな中、趣味の自由な時間を確保する余裕もなく、

睡眠時間も足りず、慌ただしい毎日を過ごしていて、

気づけば趣味をなくしているという人もいます。

まとめ

今回は、趣味がなくなるのは何故?大学生や高校生で起きる趣味がなくなる理由のご紹介でした。

進学をきっかけに、まわりを取り巻く環境も変わったり、

時間の使いかたも今までと違ったりしてきます。

成長をするにつれて趣味がなくなってしまう場合もありますが、

今は日々の生活が第一優先。

今は焦らず、また趣味を楽しむ余裕ができたときに

趣味の活動をするのもアリだと思います。

今回の記事が、気づいたら趣味をなくして悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

それでは、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です