趣味が特にない場合はどうすればいい?答えにくい理由と趣味の見つけ方

日常生活の中で、「あなたの趣味はなんですか?」と

聞かれるタイミングって、よくありますよね。

そんなときに、趣味があればすぐに答えられるんだけど…

趣味がない場合、返答に困ってしまいます。

無趣味は悪いことではないとはわかっているけど、

そろそろ気軽に始めれる趣味が欲しいな~と思っている方へ。

今回は、趣味が特にない場合はどうすればいい?答えにくい理由と趣味の見つけ方をご紹介いたします。

無趣味であることは悪くないのに、

なぜ無趣味だと答えにくいのか、その理由や

趣味を探している方に向けて、気軽に始めれる趣味のコツや例も

ご紹介していきます。

ぜひご覧ください♪

趣味が特にない場合でも「ない」と答えにくい理由

話が広がらない

趣味の話をすると、会話が広がりやすかったり、

お互いの共通点が見つかったりして、

一気に打ち解けられる場合もあります。

何か熱中していたり、好きなものの話って

どんな人でも生き生きと、お話ができることだと思います。

趣味がないと答えると会話が続かなくなると思って

趣味がないと答えにくい人もいます。

 

その人の人間性が掴めない

趣味の話をして、その人がどんな人なのか

想像する人もいます。

例えば、スポーツが趣味の人なら活発的な人なのかな?とか

手芸が趣味の人なら、手先が器用で細かい作業が好きなのかな?など

趣味のジャンルでその人の人間性をつかむ人もいます。

趣味がないと答えると、どんな人なのか探るための

糸口が見つけられず困るため、

趣味がないと答えづらい場合もあります。

 

転職や就職で答えてしまうと意欲がないと誤解される

転職活動や就職活動での面接で趣味を聞かれる場合って多いですよね。

面接官の意図としては、

  • その人の人柄を知りたい
  • どんなことに興味を持つのか
  • どんなことに積極的なのか

上記のような内容を知りたいと思っています。

また趣味の内容なら、プライベートな内容なので

面接官との会話も弾む可能性もあるため、

せっかくの質問を盛り上げたいと思って

趣味がないと言いにくいパターンもあります。

無趣味な人が気軽に始める趣味のおすすめ条件

時間やお金があまりかからない

時間やお金があまりかからない趣味なら、

いつでも気軽に始めることができます。

もし、時間とお金をかけて新しい趣味を始めた場合、

途中で飽きてしまったり、趣味のための余裕が

なくなってしまったときに、もったいない思いをしてしまいます。

まずは、経済的な負担も少なく無理することなく

スタートできる趣味をおすすめします。

 

専門的な知識や技術を必要としない

いざ趣味を始めようと思っても、

専門的な知識や技術を必要とする場合、

思い立ってすぐにスタートすることができません。

誰でも簡単にできて、技術や知識を要さずに

すぐになじめる趣味であれば楽に始めることができるので、

趣味に対するハードルがグッと下がります。

せっかく趣味を始めよう!と意気込んでも

なかなか楽しめないとやる気も下がっちゃいますよね。

 

まずは1人でできるものから

趣味を始める場合は、まずは1人でできる趣味がおすすめです。

誰かと一緒でないできない趣味は、

相手とのスケジュール調整が必要だったり、

すぐに始めれないパターンが多いです。

1人でできる趣味であればすぐに始めることができ、

自分の好きなタイミングで楽しむことができます。

ちょっと今やりたいな~と思ったら、

サクッと気軽に1人で楽しめる趣味がおすすめです。

趣味がない人におすすめの趣味

読書

読書は好きな場所やタイミングで楽しむことができる趣味の1つです。

移動時間や就寝前の数分から取り掛かることができます。

また読書をすることで語彙力が身に着いたり、

コミュニケーション能力が上がるので、

私生活にも活かすことができます。

好きなジャンルの本を見つけるのも良いし、

好きな作家や受賞作品などを試しに読んでみるのもおすすめです。

図書館で無料でレンタルできるので経済的にも助かります。

 

映画・ドラマ鑑賞

最近は、動画配信サービスで数多くの映画やドラマが

配信されています。

月額制のサービスが多いので、好きなだけ作品を

楽しむことができます。

映画・ドラマ鑑賞は1人でも楽しむことができるし、

どんどん新作や限定作品が配信されるので

飽きることなく楽しむことができる趣味です。

気になる作品を見ていれば、その話題で盛り上がり、

会話も広がりやすいのでおすすめです。

まとめ

今回は、趣味が特にない場合はどうすればいい?答えにくい理由と趣味の見つけ方のご紹介でした。

無趣味だと答えにくい理由と、すぐに始められるおすすめの趣味をご紹介しました。

会話の中で、共通の趣味や知っているジャンルの趣味であれば

話も広がりやすく、その人がどんな人かイメージがしやすいです。

趣味は自分を理解してもらうためのツールにもなってくれるのです。

今回は1人でも始められる趣味をご紹介しましたので

ぜひお試しください♪

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です